【必見】最初にNFTの詐欺対策をしよう|詐欺事例まとめ版

NFTを始めようと思うけど、詐欺が多いって本当?

どんなことに気をつけたらいいの?怖い……。

今回は、NFTを購入するにあたり、絶対に知っておいた方がいい詐欺対策をまとめました。

ちょっとしたことで防御力が格段に上がります
大事な資産を失って後悔する前に、しっかりと対策していきましょう!

NFTを扱う上では必須の知識なので、ぜひ目を通してください。

最新の情報が入手でき次第、このページは更新していきます。
役に立つなと思って頂けたら、ブックマークしてもらえると嬉しいです。

中田敦彦さんのYouTube大学も必見。

この記事はこんなことを知りたい人におすすめ
  • NFTの詐欺の事例
  • 詐欺対策
  • 気をつけるポイント
\ NFTの購入ならGMOコイン /
GMOコイン
  • オリコン顧客満足度2年連続No.1
  • メタマスクへの送金が無料!
  • 取引所でETHを購入可能
  • 送金スピードが速い
  • 最短10分で口座開設(無料)
GMOコイン

気になるところをクリックすると飛びます。

目次

Twitterの設定で防御力を高める

2022年11月現在、日本でのNFTの詐欺被害はTwitterからの詐欺がほとんどです。
リプライなどで詐欺のリンクを送られてそのリンク経由でウォレットの中身を盗まれるという形です。

まずはTwitterの防御力を上げましょう。

Twitterの設定方法

まずは10秒でできる詐欺対策必須です!

Twitterの設定を行いましょう。

詐欺アカウントからの通知をオフにできます。
もちろん、全てではありませんが、効果は抜群です。

NFT詐欺対策 twitter設定
NFT詐欺対策 twitter設定

ちなみにミュートする通知はより厳しいこちらの設定がおすすめ。
おもち先生のツイートも必見です。

公式やインフルエンサーを装ったTwitterの偽アカウントが多発している

Twitterの偽アカウントは日常茶飯事で頻発しています。
もし見つけたらすぐにブロックしましょう。
とはいえ上記のTwitterの通知設定をしているとほぼ見かけないです。

逆にいうと、NFT関連のアカウントはこの設定をしている人が多いです。
電話番号認証の設定をしてないと、リプをしても相手に見えない可能性があることを覚えておきましょう。
(この設定を相手がしていても、相手が自分をフォローしていたら自分の通知は見えています。)

覚えておいて:Twitterのミントサイトは100%詐欺ー!

現在、日本でのNFTの詐欺被害はTwitterからの詐欺がほとんどです。
超狙われています

NinjyaDAOの公式を装った詐欺アカウント

・Twitter上でDMやリプライ(コメント)でお得なキャンペーンなどのリンクを貼られて見にいくとNFTを抜かれる。という詐欺が多い。

・公式のアカウントを装って(偽アカウントから)お知らせがくる。

Twitterのミントサイトは100%詐欺という言葉を覚えておく

・アイコンやフォロワー数で安心できると思い悪意のあるアカウントをフォローしてしまい、隙が生じることもあるようです。(今お得なキャンペーンやってるよ!あなた、急いだ方がいいよ!みたいな。)
フォロワー数はお金を払うと簡単に増やせます。フォロワー数は信用しない。怪しいアカウントはフォローしない。ブロック。

なこち

最初にお伝えしたTwitterの通知設定をしておくとほぼ見かけなくなります。
でもたまに見かけるので油断禁物です。

【ウォレットを分ける】二つ以上作ろう|保管用と普段使い用

・ウォレットは2つ以上持っている方が安心。
保管用と普段使い用で持っておく。

・大事なNFTが入ってるウォレットは普段のアクセスに使わないように。

ウォレットを分けろ!!!と耳にタコができるほどいろんな所でアナウンスされています。
それほど大事なのです!
これは従っておいた方がいいです。面倒ですが。
管理は大変ですが、無料で簡単に作れます。
作っておくと安心感がかなり高まりますよ。私は5個以上持ってます。

2つ目のウォレットの作り方

パソコンだと、Chromのアカウントを切り替えることでユーザー毎にメタマスクを簡単にインストールすることができて便利です。

①Chromの画面の右上のアイコンをクリック
②「+追加」をクリック

「アカウントなしで続行」をクリックしてアカウントを作ります。

④プロフィールの名前や色を設定するとわかりやすくなるのでおすすめです。

⑤そして、1つ目のメタマスクと同じ手順でメタマスクを新しく作成すればOKです。

パソコンの画面右上のアイコンをクリックすると
Chromのアカウントの切り替え(メタマスクの切り替え)ができます。

ウォレット間でNFTやイーサリアムを送ることもできるよ。
ただし、少しガス代(手数料のようなもの)はかかるよ。

偽サイトに注意する

OpenSea上で検索しない。TwitterやDiscordの公式リンクから買いに行こう。

・偽のOpenSeaの売り場から購入しないように気をつけましょう。

OpenSeaで検索すると、有名なプロジェクトの場合は偽サイトが検索結果に出てくることがあります。
購入したのに、それが偽物だとショックすぎますよね。

TwitterやDiscordの公式リンクから買いにいきましょう。
そしてブックマークしておくといいです。

購入するプロジェクトメンバーの公式Twitterアカウントはあらかじめフォローしておくのも自衛になります。

公式Discordが乗っ取られることがあることを覚えておく

・Discordを乗っ取り、公式のプロジェクト運営メンバーをよそおって、偽物の詐欺リンクが貼られることがあります。

恐ろしいことですが、Discordが乗っ取られたというのは実際に何度か聞きました。
詐欺リンクが公式リンクとして貼られていて、そのリンク経由でNFTや仮想通貨を失うことがあります。

本当にあっという間にウォレットの大事な資産を全てを失います。

・DIscordが乗っ取られていないでも、Discord内に悪意のある人が紛れ込んで詐欺リンクが貼られることもあります。怪しいリンクはクリックしないように覚えておきましょう!
疑問に思ったら、他の人に聞いてみて確認しましょう。

特に多くの人が寝静まっている早朝が危ない傾向にあると感じます。
頭が働いていないところを狙われます。
特にお得な今だけの早いもの勝ちの情報に飛びつきたくなる心理をつかれます。
一旦、Twitterで公式アナウンスがあるか?偽の情報じゃないか、立ち止まって吟味しましょう。

少しでも不安を感じたら、ウォレットを接続しない方がいいですが、どうしてもウォレットを接続したいときは、高価なNFTや高額の仮想通貨が入っていないウォレットでやりとりしましょう。
しかし、ウィルス感染の可能性も頭に入れておいてください。

おそろしいよ。

なこち

今だけ!この通知を見つけたあなたはラッキーよ。急げーーー!みたいなのは詐欺と覚えておきましょう!

オレオレ詐欺みたいな感じだね。
びっくり慌てさせるところが。

フリーWi-Fiを使わない

メタマスクが入っているスマホやパソコンは、公共施設などのフリーWi-Fiに繋がないように気をつけましょう。
悪意のある人からウォレットの中身をごっそり盗まれる危険性があります。

宿泊するホテルなど注意です。油断禁物です。

NFTをOpenSeaで購入する時は盗品を購入しないように気をつける

下記二点を覚えておいてください。
盗品を購入した場合、OpenSeaで凍結されて転売できなくなる恐れがあります。

①フロア価格(そのNFTシリーズの最低価格をフロア価格と言います)より明らかに安い値段で出されているものは、盗難品か疑う。

②取引履歴を見てトランスファーが続いているものは怪しい。
 (単純に自分のウォレット間で移動しているだけの場合もあります。)

最新の詐欺情報をTwitterやDiscordから入手する

詐欺の手法は流行りがあります。
常に最新の情報を取り入れておきましょう。

NFT関連の情報はTwitter上で活発に流れています。
気になるプロジェクトの公式アカウントはフォローしておきましょう。

気になるプロジェクトのDiscordもチェックするといいです。

一体誰をフォローしたらいいのかわからないよ。
そんなに時間も使えないよ。

誰をフォローしていいか迷ったら、とりあえず下記3人をフォローしておきましょう

名前Twitter リンク
イケハヤさん(NFT界インフルエンサー)https://twitter.com/IHayato
おもち先生(NFT関連の有益情報発信)https://twitter.com/omochibigaku
ブソンさん(キャラDAOファウンダー)https://twitter.com/BUSON2025

好きな人をフォローしてくださいね。

なこち

特に自分の興味あるNFTのファウンダーは必ずフォローしておきましょう。

『SetApprovalForAll』がNFT購入時に表示されると詐欺ー!

『SetApprovalForAll』は自分のウォレットから他の人にNFTを抜いていいですよと許可することです。

OpenSeaで売りに出したい時『SetApprovalForAll』の許可をする必要があります。

しかし、NFTを購入するとき(フリーミント含む)に『SetApprovalForAll』の許可を求められることはありません。詐欺です。
あれ?と思ったら、一度『拒否』ボタンをクリックして一旦やめましょう。

【ミント時はガス代に注意】
詐欺ではないですが、ミント時のガス代(手数料のようなもの)や合計金額は必ずチェックしましょう!
売り切れやメタマスクのお金が足りない時などエラーの時はガス代が信じられないほど高くなります。(数万円とか)そうなった場合は『拒否』ボタンを押してキャンセルしましょう!

目安は5〜7ドルくらいが妥当かなという感じです。混み具合でガス代は変わります。

Revoke(リボーク)しよう

ちなみに、OpenSeaでNFTを売り出した後、残っているNFTに対して『SetApprovalForAll』を許可している状態が続いています。

『Revoke(リボーク)』することで『SetApprovalForAll』の状態を取り消すことができます。
ガス代がかかりますが、この状態を利用した詐欺が頻発しているので、やる意味は大きいです。

『SetApprovalForAll』は保管用のウォレットに複数枚送るときも許可する必要があります。
この後もリボークしておきましょう。

おもち先生の無料で見れるYouTubeセミナーは必見。
リボークの方法も解説されていますよ。

大変だ。

なこち

ガス代もかかるし面倒だなと思うけど、安心感が買えますよ。リボークやるんだよ!!とよく先人達が言っているのを耳にします。

リボークの詐欺もあります。

リボークはここからやったらいいよ。という詐欺リンクがツイッターで流れてきたようです。
偽物のサイトには気をつけましょう。

あっちでもこっちでも怖い。

なこち

いつか、もう少しでも安全な世の中になるといいですね…。

ハードウェアウォレットを購入する

・ハードウェアウォレットに大事なNFTを保管するとより安全です。

中古だとウィルスが入っている可能性があるので、
amazonからではなく、必ず公式サイトから新品を購入しましょう。

Ledger Nano X

ハードウェアウォレットが100%安心というわけではありません。
悪意のあるサイトにハードウォレットをつなぐとアウトです。

なんだか難しい言葉が多いですが、ハードウェアウォレットを使う人は必見です。

詐欺にも引き続き警戒を

NFTを使う専用の端末(スマホやパソコン)を用意する

特にCNPなどの高価なNFTを持っている場合は検討する価値は大きいです。

TwitterやDiscordで悪意のあるサイトを踏んで資産を失うリスクを減らすことができます。

なかなか難しいですが、大事なウォレットが入っている端末(スマホ、PC)ではTwitterを使わない方がいいと感じています。
Twitterの詐欺が多すぎて怖いからです。起きたばかりの早朝や飲酒をしている時は特に気をつけましょう。

ちなみに私は普段使いのスマホにメタマスクは入れないようにしています。

Twitterは詐欺に使われていますが、有益な最新情報もたくさん流れています。上手に使っていきましょう。

NFTを扱うパソコンで、個人的におすすめはMacのパソコンです。
サクサク動くし、なんだかかっこいいです。

ウィルスにもMacが強い傾向にあるとよく聞きます。

あわせて読みたい
なこち (nako)
NFTを安全に楽しめる情報をお届けします♪
みなさんと楽しんでいきたいです。

2022年7月末 
CNPの魅力に引き込まれ、初めてのNFTであるCNPを購入。

その後、様々なNFT収集をはじめる。

現在、NFT 100個以上保有。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次